Category Archives: twitter

世界のフィクサー(黒幕)が死んだ


デイビッド・ロックフェラー101歳死去

世界二大財閥の一人でもあるアメリカNYのデイビッド・ロックフェラーが先月の3月20日に満101歳と
言う年齢まで生きしのいで逝った。

このデイビッド・ロックフェラーともう一人の総資産1京円とまで言われているジェイコブ・ロスチャイルド

この二人が陰で世界支配していて、そのいい様に使いまわしされている大馬鹿野郎が今の日本の総理大臣
過去歴代最悪の安倍晋三である。

例えフィクサーの一人が消えた所で世界陰謀計画が終わる訳ではなく、その世界陰謀計画に裏で加担している
組織は世界中に闇のネットワークを持っています。

日本人の普段の生活に直接関係した話ではないと思うかも知れませんが、これは列記とした世代革命の序章に
しか過ぎないと言う事を我々も「えっ、そうだったのか? そんな事になってるんだ」少しは裏社会の秘密の
部分に関心を持つ必要があると思う。

少し話は脱線しますけど、今日本の兵庫県神戸市にある理化学研究所計算科学研究機構にあるスーパーコンピューター
その名も「京」このスーパーコンピューター京、別名がありなんと「ビースト」即ち野獣と言う意味がある。

政治や我々国民の普段の生活とスーパーコンピューターと何の関わりがあるんだと思うかも知れませんが次世代の
産業革命の柱的存在の役割をこの「京」は人間が何十年も掛かって行う作業を数日で結論付ける代物で、普段我々
国民が何気に使っているスマホにもAI即ち人工知能が入っているのも然り。

そのAIをも凌ぐ化け物が「ビースト」ネットでもビーストと言う名前で報道してないしオールジャンルに対応した
シュミレーションに作られたスーパーコンピューターだと表向きは公表しているが使い次第では想像の域を絶する。

人間には表の顔と裏の顔の二極が常に備わっていて公の場に立つときは表の顔で平成を保とうと演じて見せている
ものでどんなに出来た人間でも確実に裏の顔は持っているのが事実で、何故そんな非常識的な事が言えるのかと言うと
人間は常に何よりも自分が一番可愛いと潜在意識の中にインプットされているからなのです。

この世で生きていく上で絶対に逃れられないものは何だと思いますか?

それは人それぞれの解釈があると思いますが、私は悲しいかな人間の一番弱い部分の「さが」だと思います。

この世はすべて巨大なマーケットの中で人間が生活していて、巨万の富を得る者もいれば貧困生活にあえぎ続ける
低所得者の方までがラットレースを繰り広げていて、世界のわずか1%のオリガーキが99%の人間の血を吸い取っている
悪魔崇拝者共なんです。

政党に壁を作るから政治は捻じれるのだ


今の日本の政治スタイルに国民は憤りと失望のジレンマの狭間に立たされているもう与党(自民党)の
政策は国民を馬鹿にしているとしか受け止められない。

こんな道徳心もモラルも秩序の欠片もない社会が現実にまかり通ってしまっている現在に戦後最悪の
安倍晋三と言う一国の首相は本当に社会復帰とか雇用回復なんて考えは一片の欠片もなく、それどころか
貧富の格差に拍車を掛けるが如く金持ちには浴びる程の金を与え貧乏人には頑張って働けども生活して
行くのにも困窮を与え続けているのが安倍と言う独裁者の今の政治スタイルそのものだろう。

今のままの安倍内閣の政治がこれから先も続けば確実に日本国民からまともな考え方をする人間は居なく
なると感じるし何を信じればいいのかすら自信暗鬼に追い詰められるのはもう目と鼻の先状態に来ています。

もう国民は国に助けを求めたりすることは出来ず会社での雇用にも不安を抱えて毎日の日々の生活に悪戦苦闘
するのが現実の社会で、年代問わずして学生からご老人まで我が身は我が身しか擁護出来なくなってしまっている。

どんないい言葉も誰かの助け舟も今の国民のハートには響かないのも悲しいかな事実だと感じている次第です。

テレビの報道やネットでの政治世論調査をすべて鵜呑みにして信じている人はもう少ないと思いますがまだ4大マス
メディアとされる、テレビ・新聞・ラジオ・インターネットの内、今国民がそれでも信用出来るかなと思うメディアは
インターネットです。

ネット以外のマスメディアはただの真実味の乏しい報道機関に過ぎないのです。

唯一の安倍の策略を阻止出来るかと願うところは日本の政治ではなくアメリカのトランプ政権に託されていると言って
も何ら筋違いの話ではないと思います。

何故ならトランプ大統領はもう安倍の腹黒さはとっくにお見通し状態だからで安倍もそんなトランプ大統領の本心を
分かって猿芝居しているのかそれともまだ私欲の塊で貢ぎ通して行ってるのかは不透明なところではありますが先進主要国
の中の代表の中で安倍と言う救いようのないアホはとんだピエロじゃありませんか?

ただネットで安倍に関わる悪評がクローズアップされているのに与党側も無関心でいる訳もなくこっちの出方を調査しつつ
次から次へと新法案を成立させて国民の手足を牛耳る作戦手段を日進月歩で作り出してて国会で議員が討論していても都合
よく逃げ通していて、これではいつまで経っても鼬ごっこに過ぎません。

最後に数ある政党の中で自民党は日本のCIAです!!

つまり政党員は学歴詐称のゴロツキ集団で自民党の背後にいる影の黒幕のフィクサーこそが筋書きのないシナリオを作って
こいつらアホ共に演じさせているのです。

国民の少数派(マイノリティ)が今の政策に異議を持ってたとしても国民一人一人に危機感がそこまで浸透してなければ我々の
行動が一部の有権者だけでスパイラルしているに過ぎません。

それでは打倒安倍政策には掠り傷すら負わせる事は出来ません。

現在の社民党鳥取のFacebook


現在社民党鳥取のホームページはWordpressで作成しています。このWordpressと言うソフトはレンタルサーバーに契約している
ユーザーが作るれるWebソフトです。

当社民党鳥取のホームページはロリポップと言うレンタルサーバーと契約していて月額648円のサーバー代を課金しています。

まだこのWordpressのホームページにしてから1年は経っていませんが、以前はホームページビルダーと言うホームページ作成ソフトを
使って社民党鳥取のホームページを作成していました。

では何故Wordpressのホームページに切り替えたのかですが、これは閲覧者の視線で見た時に今はスマホでネットを閲覧される方が急増していて
時代のニーズに応えていかなければ折角のホームページもアクセスが図れないと考えたからでネットで幅広く老若男女問わずに発信することが
出来るからです。

そして当社民党鳥取のホームページにも様々なリンクを貼って相乗効果も視野に入れています。

しかしネタがないから時間がないから広告打つお金が無いとなると今後の政党を左右する局面にいながら危機感への重要度に疑問を抱かずには
いられないと言ったところです。

中でも社民党鳥取のFacebookには関心を寄せる方が少しずつではありますが「いいね」とか支持してもらってる「フォロワー数」が
上がって来ているのに政党交付金の少ない予算の中からWeb上に莫大な広告費を投じてまでして選挙の票に結びつけることが期待できるのか
が一つと社民党と言う政党への一般大衆が期待度といった点で鳥取県民もしくは鳥取市民の皆さんはどういう風にイメージしているのかで
費用対効果を投じることなく地道な記事とか写真などの投稿で少なからず立ち止まって強いては県民・市民に染み付いたイメージを払拭させる
事も可能ではと考えています。

現在の社民党鳥取のFacebookの画像を切り取りして感じてみて下さい。

リオのオリンピックに国民が一喜一憂


4年に一度のスポーツの祭典ですが、観戦者側からすると選手を応援したくなるのは当然ですが
このオリンピック開催に投じられる予算は莫大な金額です。

その予算の捻出はどこから出ているか?

2020年に東京で開催されるオリンピックについて少し語りたいと思います。

はっきりとした断言は出来ませんけど、東京都民の税金が毎年4200億円準備金として積み立てられて
いるとの説もあるみたいだ。

しかし建設費は最初の段階では1538億円で十分まかなえる金額だとされていました。

ところが招致決定から一週間も経たない内に開催決定を受けて施設設備や用地取得にかかる経費を最初の
金額よりも25020億円余り増の4100億円余りにまで跳ね上げて来たのです。

ここからは私個人的な話になりますが、確かにオリンピックと言えば世界中から選手の方々は勿論の事
マスコミ・関係者等が来日してくる訳ですが、この4年に1回のオリンピックと言う世界レベルのイベントを
通して経済波及効果を望んでいるのでしょうけど、都民は勿論の事、国民一人一人に経済格差の壁がますます
拡大して行くのではないかと思います。

そもそも国民の税金から計上するなんてこと自体がふざけていますね。

オリンピックに出場出来る選手の方達も国の威信を背負って頑張っているのにエスタブリッシュメントは
何を企んでいるのか?

どこの誰が言った言葉だかは分かりませんが「オリンピックは参加することに意義がある」と、これって
つまり悪く言えばメダルは取らなくても、お前らが出場してくれさえすればいいんだと言ってるようにしか
私には理解できません。

表面の華やかさの裏には泥まみれの一般人には理解できないような世界が立ち塞がっているのでしょうか・・・

6月24日合同演説会


鳥取・島根合区選挙区 野党統一推薦「福島浩彦」さんの応援に、又市征治幹事長が米子にやってきた。
6月24日(金)米子市公会堂前
社民党をはじめ民進党、共産党、新社会党の4野党+市民連合による合同街頭演説の開催。
福島浩彦さん野党統一候補の勝利に向けて、社会民主党の又市征治幹事長をはじめ各党・市民連合の代表が訴えました。
雨のなか、会場の米子市公会堂前は熱気にあふれました。

民進党は柿沢未途選対委員長代理、共産党は小池晃書記局長、新社会党は岡崎宏美元衆院議員、市民連合は西谷氏(立教大学特任教授)

福島浩彦さんの語る会に出席しました。


5月8日(日) PM7時より鳥取市富安1丁目の社民党鳥取総支部の2Fの富安公民館を会場としてお借りして
福島浩彦さんの語る会を始めました。

会場の出席者は15.6人と言うところだったでしょうか?

参加者からの福島浩彦さんとの意見交換では、みなさん普段の生活に不満を抱えている方の質問でしたが、
鳥取県をはじめとする地方・農山村の雇用、TPP、高齢者・子どもの貧困問題など、多岐にわたる意見交換ができました。

福島浩彦さんの動画をスマホで撮影した動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=3cs-s5ZlgUw

福島浩彦が鳥取総支部の富安1丁目公民館にやって来る


社会民主党鳥取総支部は、5月8日(日)午後7時より、鳥取市富安1丁目公民館2階において来る参議院選挙の
鳥取・島根選挙区から立候補を予定している「福島浩彦さん」(山陰・住民目線の会 共同代表)と語る会を開催
します。

語る会では、福島浩彦さんの国政・地方自治への思い、実現したい政策などについて聞き、高齢者・子どもを
はじめ庶民が暮らしやすい政治について意見交換するなどして、応援・励ましの場となればと考えています。

そして、広く鳥取・島根の県民に福島浩彦さんが、日本の政治の舞台に必要な方であることを広げていきたいと
考えています。

※なお、申し訳ありませんが駐車場はありませんので、お近くの駐車場やおける場所にお願いします。

http://arinomama.ciao.jp/tottori-syamin/20160508pdf ←福島浩彦さんの語る会の詳細はこちらからご確認下さい
main

「ダブル福島・トークセッション」へ 是非ともご参加を!


陽春の候
いよいよ桜も満開となり、家族や友人と楽しくすごすのもよいかと思います。

さて、第24回参議院議員選挙も3カ月を残すこととりました。
安倍政権は、憲法9条を変えひたすら戦争への道を突き進み、国民生活は疲弊し暮らしの立て直しが急がれますが
一部の大企業やお金持ちのための政治を優先しています。とりわけ、非正規労働者の拡大、高齢者の年金切り崩し
親・保護者の収入減による子どもたちの生活環境の悪化は加速度的に進んでいます。

安倍政権の暴走政治を止め、労働者・農民や高齢者・子どもたちをはじめとする社会的に弱い立場にある人々の
暮らしを守る政党は、社民党です。

そこで、福島みずほ副党首を迎えて、「ダブル福島(福島みずほ・福島浩彦)・トークセッション」が開催されることとなりました。
皆様の多数の参加を得て、来る第24回参議院議員選挙の勝利へとつなげていきたいと考えます。
何かとご多用とは思いますが、掲載のとおりですのでよろしくお願い致します。